スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


先月に続き三宅島遠征

●釣行日   :7月29日
●釣行エリア :三宅島
撃投モニター 大野

●使用ルアー/ジグ :シマノ オシア ロケットダイブ187F
●使用フック/サイズ:STX-58  #3/0
●魚種/全長(cm)   :カンパチ 3キロ級カンパチ2本他ハガツオ
●タックル    :
ロッド:MCワークス レイジングブル98XS-2
リール:シマノ ステラSW14000XG
ライン:カルティバ 撃投PEフラッシュ 5号
リーダー:デュエル パワーリーダーCN 130lb


こんにちは、撃投モニター大野です。

連日猛暑が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


房総エリアも雰囲気はまさに夏、南房エリアではシイラやサバ・ソウダガツオなど夏の釣りもので賑わっていますが、ホームの外房はすっかりお休みモード。。。

今年は自身の経験を積むため、秋までは遠征主体と考えています。


台風三連発で時化続きだった海がようやく落ち着いたタイミングに合わせ、先月に続き三宅島へ遠征してきました。
仕事を済ませて友人たちと合流、22時半には東海汽船の橘丸に乗り込み東京を出港しました。

快適な船旅で翌朝5時前には三宅島に到着、今回もお世話になった船宿は共栄荘さまです。
準備して渡船に乗り込み20分ほど、三本岳へ向かいます。

今回もマカド根に貸し切りで渡礁しました。ベタ凪で日差しも強く無風なので全身から汗が吹き出してクラクラしてきますが、ヤル気で振り切り実釣開始です。




黒潮が近いからか南西からの潮が速く、150gのジグでも底が取れません。
早い潮流の中層をジグで探っていた釣友にヒット!上がってきたのは良型のハガツオでした。



自分は潮上の足場へ移動してペンシルを上流に投げ込みます。

流れに乗せながらアクションを加えてポーズ、渓流のドライフライの感覚です。潮目に近づくと派手なバイト!重さを感じてからしっかりフッキング決めてファイト開始。手前のシモリに擦られましたが、130lbリーダーを信じて引き剥がしに成功。そのまま抜き上げ70cm弱の本カンパチをキャッチできました。



その後もチェイスやヒットはありますが、何より無風なので皆汗ダク。。。タイドプールに浸かって休んだりしながら夏の沖磯の苦楽をたっぷり味わってきました。

中だるみもありましたが終了間際に時合が訪れバイト・ヒットが連発。



ハガツオ・カンパチがトリプルヒットしたり、磯際を3Mを超えるハンマーヘッドシャークが泳いで来たり、リリースしたハガツオが目の前でサメに襲われたり。。。浮きグレやイスズミも大量に湧いていて、あらためて三宅島は生命感に溢れる素晴らしいフィールドであると実感できました。



前回よりはサイズアップしたものの、良型に二発ラインブレイクされてしまい、まだまだ未熟と解らされました。
今後も精進すべく遠征したいと思います。

スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

画像投稿はコチラ!
撃投!ショア磯ジギング ダイジェストムービーはこちら

Search

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2009年以前の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM