スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


バイトシーンが刺激的

●釣行日   :2015年8月8日
●釣行エリア :北海道南部
撃投モニター 千葉栄治

●使用ルアー/ジグ :BC- γ 60-180 撃投ジグ105g
●使用フック/サイズ:ST66 2/0 ジガ―ミディアムロック7/0
●魚種/全長(cm)   :メジロ 65〜70
●タックル    :
タイドマークロッキーショア 100/13
ツインパワーsw12000HG
PE3号
リーダーナイロン60lb

全国的に暑い日が続いておりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。

こちら北海道も例年よりも暑く蒸し暑い日々が続いております。
海の水温も上昇を続けており、ブリやシイラはオホーツク海まで到達。オホーツクでは楽しい釣りが繰り広げられているようです。

この日はいつもエリアよりもさらに南下。水温の上昇に伴って北上してくるヒラマサを狙ってN氏とともにでかけました。
明るくなるころに磯に立ち、まずは使い慣れた撃投ジグ105gで水深と潮の流れをチェック。

さほど強くはありませんが、潮は動いているようです。水深はさほどない場所ということで、プラグを中心にキャストを続けます。
数投して遠くに目をやると鳥の動きは活発。はるか沖ではナブラも見えます。
N氏が岸際でのボイルを発見。すかさずプラグをキャストし、丁寧にアクションさせながら引いてくると、ボコっとでました。すかさず合わせてファイトするも水面まで魚を上げたところでフックオフ。

その後もキャストを続け、近寄ってきた単発のボイルや潮の流れのヨレ、潮目をプラグで狙い撃ち。
磯での昼寝も交えながらも、なんとか65cm〜70cm程度のメジロを3本キャッチする事ができました。





バイトシーンが刺激的なトップの釣りは楽しいですね。
この夏も熱中症に気をつけながら、北海道でのヒラマサを狙って釣行したいと思います。

スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

画像投稿はコチラ!
撃投!ショア磯ジギング ダイジェストムービーはこちら

Search

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2009年以前の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM