スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


【担当者より】・本日のレポートへ&有機的なつながり

9月はシルバーウィークなる連休がありますね。
本格的な秋シーズン。いい季節です。撃投モニターをつとめてくださってる三浦さん、そして、本来Draw4モニターなのに、もはや撃投系にどっぷりのきょうへいさん(笑)
お二人が秋に向けてレポートしてくたもさってます。

メーカーの宣伝なんて、とかくひとりよがりになりがちなもんです。「この製品はこんなに優れてるんですよ!!」的なことを言いがち。
僕らも例外ではありません。モニターさん、や古くからのテスター さんたちっていうのは、そういったところをメーカーとは違う視点で伝えてくれるリアルさがあります。僕らもハッと気づかされることが多いんですよ。


ちなみにまさに今日は撃投北海道モニターの千葉さんの案内で、ベテラン本林さんの「夢釣行」テレビ収録が行われています。
こういう有機的なつながりが、撃投の世界をさらに一層深くしていきます。
ほんとにありがとうです。



有機的なつながりと言えば…、昨日は東京からの友人が明石に来てくれており、久々に飲みに行きました。少しその話をさせてください。

その人は、フライ用マテリアル(動物の毛とか、鳥の羽とかです)を加工し、染めたりするスペシャリスト。その仕事への拘りや、プロ意識をじっくり聞かせていただいたのですが、その追求姿勢には衝撃を受けました。

日本的な、和的な色彩感覚を活かしつつも、魚を誘うための機能的色彩であること。そんなことを真剣に追求してらっしゃる。
綺麗に染めるためには鮮度が勝負だと、鳥は〆るところからすぺて自分で。だからナイフひとつにもこだわる。

冗談抜きで、世界一の「マテリアル染め師」ではないかと感じました。

彼からいただいた特別なマテリアル。



このゾンカー用のラビットスキンをフライだけでなく、アシストフックにも、絡まない絶妙な長さで巻いてみようかなと思いました、、
リアフックにして、ボトムをウルトラスローで舐めるように引けば、根魚相手のショアスローならスゴいことが起こりそうです。

スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

画像投稿はコチラ!
撃投!ショア磯ジギング ダイジェストムービーはこちら

Search

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2009年以前の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM