スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


北海道南部での青物狙い

●釣行日   :2015年9月8日
●釣行エリア :北海道 道央日本海堤防
撃投モニター 千葉栄治

●使用ルアー/ジグ :撃投ジグ 105g グリーンゴールド 撃投レベル100gブルピン
●使用フック/サイズ:ジガ―ミディアムロック 7/0
●魚種/全長(cm)   :ハマチ 65cm
●タックル    :
ロッド MUTHOS Accura 100HH
リール ツインパワーsw12000HG
ライン 撃投PE フラッシュ 4号
リーダー ナイロン80lb


北海道も朝晩は涼しいを通りこして肌寒くなってきました。
今年の秋は早く長そうです。

今年はコンスタントにハマチ、メジロクラスが釣れてくれる状況が続いています。この日は北海道南部での青物狙い。

港の出入り口となるところにマズメに周ってくるであろう青物を狙って出かけました。ヒットゾーンが近い事もあり、最初は撃投ジグレベル100gでスタート。レベルのフォールでのフラッシングをいかすべく、ゆったりとしたワンピッチジャークで探ります。
5投程して反応がないことから、撃投ジグ105gにチェンジ。
ボトムからのジャカジャカ巻きでアピールし、ソフトで小さなワンピッチで誘います。

潮が動き始め、港の中から外へ向かってはっきりとした流れを感じ始めた3投目、ファーストフォール後のジャカジャカ巻きのところでジグに違和感。
これは魚がついていると確信し、焦らずいつも通りのソフトで小さなワンピッチ3回目でバイトしてきました。

引きの強さからさほど大きくないと判断し、余裕を持ってじっくりと魚をコントロールしながらのファイト。テンションをコントロールしながら走る方向と走り方をコントロールできるように練習してみました。
水面に姿を現したのはやはりハマチ大サイズ。水面からちょっと高さがありましたが、タックルに不安ないことからロッドでためて一気にぶち抜き。65cm2.5kgのハマチでした。



こうして魚をコントロールしながらファイトできるのも、堤防ですし森などがないことが分かっていることもありますが、タックルに余裕があり、絶大な信頼がおけるロックの針がかりがあるから。


いつの日かこれまでに経験がない大きなサイズがヒットしても、焦らずコントロールしてファイトができるように、日頃からイメージして経験を積み重ねていきたいものです。




9月13日の「撃投ファンミーティング

残念ながら遠方のため参加できませんが、エキスパートから参考になるお話や日頃の疑問点への解決策が見つけられる良い機会だと思います。是非ともご参加ください。
参加できる神戸近郊の方が羨ましいです(笑)

スポンサーサイト


この記事のトラックバックURL
トラックバック

画像投稿はコチラ!
撃投!ショア磯ジギング ダイジェストムービーはこちら

Search

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2009年以前の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM