スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


カルティバテスター中山隆夫さんのQ&A

カルティバテスター中山隆夫さん


Q.シラス、イカ、鰯などベイトによる攻め方の違い。

A.
この問題は一番難しくて僕に答えようがないけど、シラスパターン、おっちゃんたちが昔からやってる遠投用の浮きマウスに弓角というパターンならわりと簡単に釣れますが、そうではなくなんとかジグで攻略しようとするなら、アシストフックに飾り着け(タコベイト、シラスベイト)してみることも効果的だ。撃投DVDの中でも使ってるけど個人的には鮮やかな色の赤もしくはピンク色のタコベイトを多く使用します。
これはオキアミに着いたヒラマサにも効果的であり、アピールも高く、吸い込み率、ジグへのハリからみ防止など、かなり効果的で活躍してくれるので一度試してみてください。


Q.地磯釣行を少しでも楽にする工夫?

A.
地磯での釣り。ヒラスズキでなく青物メインの僕の場合は予定していた渡船が出れない時です。海が荒れてることが釣れる条件でもあり安全性を万全にすることは大切です。足元でいうとスパイクシューズを重視します。僕はかかとにエアクッションの入ったタイプを愛用。磯の凹凸面の歩行も、立って釣りしてる最中も脚や膝がとても楽チンになります。
荷物は最小限の荷物で済ませたいというふうに考えればカルティバゲームジャケットの融通性がおすすめです。磯でのルアー用を想定してるつくりだけに安全性や通気性や収納力がバランスいいです。一度着始めたら手放せなくなります。


スポンサーサイト


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

画像投稿はコチラ!
撃投!ショア磯ジギング ダイジェストムービーはこちら

Search

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2009年以前の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM