スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


カルティバテスター岸信直彦さんのQ&A

カルティバテスター 岸信直彦さん


Q:ジグを一度着底させるのは何のためですか?魚が中層にいるときは、そこだけやったほうがいいような気がしていますが・・。
釣果があがらないのも事実なんですが・・。

A:水面で激しくボイルしている時や、青物のスクールが水中にいるのを発見した時など、ターゲットがどのレンジに居るかどうかが明らかであれば、そのレンジを探るだけで良いので、いちいちジグの着底を待つなんて面倒なことをしなくて構いません。手返しも悪くなっちゃいますしね!!
ジグゲームでボトムを取る大きな理由…。1つは、魚がどのレンジに居るかどうか判らないケースで、キャスト可能な範囲の水中を、できるだけ立体的に効率良く探るためです。特に回遊魚の場合は、どんなタイミングでどのレンジに回遊してくるかが判らないケースの方が多いですからね!!
次に、(特に)ヒラマサの場合は、ボトム近くの根周り(漁礁周り)に居る(回遊してくる)ケースが多いようで、水面や中層でヒットする場合もありますが、ジグゲームの場合は着底後の数シャクリでヒットする場合も多いので、「ボトムをとる」ということが不可欠になってきます。
ちなみに、色んな魚を楽しく釣りたい性分である私は、ボトムから水面までの色んな可能性を探りたいがために、キャスト後のジグのボトム着底は不可欠としています。1回のキャストで、ジグのシャクリ上げ⇒ボトムのとり直しを、必ず数回は行うよう心がけているんですよ!


スポンサーサイト


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

画像投稿はコチラ!
撃投!ショア磯ジギング ダイジェストムービーはこちら

Search

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2009年以前の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM