スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


カルティバテスター馬場誠さんのQ&A


Q1
シラス、イカ、鰯、などベイトによる攻め方の違いについて。特にシラスのときはどうしたらいいのか?

A1
シラスは僕も苦手なベイトです。ですが、過去に実践して反応のあったパターンを。
まずナブラになってるならナブラに届くギリギリまでサイズダウンしたジグをリアフックを装着して水面直下の超高速早引きです。単なる早引きではなく超超高速です。そして、プラグならクリアゴーストのトッププラグをナブラど真ん中でネチネチさせてやる。と、こんな位しか結果がありません。すいません。シラスに遭遇した際は一度試してみて下さい。
 イカについてる時はロングジャークでフォールをさせず、水中でステイさせる感じでボトムを中心に狙います。ジグは撃投ジグのピンクグローが実績高く、ボトムを集中して狙うために通常より重たいものを使うことが多いです。
 イワシは良いベイトです。自分の得意なジャークでガンガンアピールして広いレンジを探れば良い結果が出るかと思います。


Q2
サワラ、サゴシ、をメイン狙う場合どんな道具を選び、どう攻めますか?意外とわかりませんので考えを聞かせてください。


A2
サゴシクラスなら引き味重視でエギングタックル位が面白くていいです。ジグはシルバー系のギラギラしたカラーでリアフックのみ装着して、リーダーはジグから30冂は50lb位をつけます。アクションはスライドをさせるとミスバイトを誘発してリーダー噛みが発生するので注意が必要です。人が多かったり、魚が遠い時なんかは磯で使うタックルにでかいジグで遠投して、バンバンしゃくるとライトタックルより釣果が上がる時もありました。ただ、引き味はないですが。サワラ・サゴシは浅い場所でも表・中・底層と反応の良い場所が明確な気がしますので、釣れたレンジをカウントダウン等で覚えて集中攻撃すると良いと思います。


Q3
地磯釣行を少しでも楽に(体力負担なく)する工夫があれば教えてください。歩き方とか装備など…。
 
A3
荷物の運搬には登山用のウェストのベルトも付いているリュックを使用しています。登山用はそれなりの荷物を運ぶように重量の分散も工夫されているので結構楽かなと思います。ただ、雨が降れば全部濡れます。後、しんどい時はロッドの保持も面倒になるので少々リアを地面についても守ってくれる、カルティバのロッドベルトをつけて、ショルダーベルトを装着します。そうすれば両手も空くので安全で楽かと思います。』


スポンサーサイト


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

画像投稿はコチラ!
撃投!ショア磯ジギング ダイジェストムービーはこちら

Search

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2009年以前の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM