スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


カルティバテスター赤木光広さんのQ&A

カルティバテスター 赤木光広さん


Q1
シラス、イカ、鰯、などベイトによる攻め方の違い。特にシラスのときはどうしたらいいのか?

A1
ベイトがシラスの場合は水面でのボイルの間隔が狭く、白泡が立っているのですぐにシラスナブラだと判断できます。
この小さなベイトでは、バイトさせるのが誰もが非常にやっかいだと思っているはずでしょう。もちろん確実な決定打は無いと思います。青物はシラスの群れに大口を開けて突っ込んでいます。つまり鰯やアジなどのそれなりに10cm程度のサイズのあるベイトではないため、1匹をめがけて追っているのではなく、群れに大口開けて突っ込んでいる訳です。クジラが鰯を捕食する映像を見ればわかり安いのですが、小さいベイトだけに、なるだけ多く捕食しなくてはならないためです。よってなかなかヒットパターンに確実という決定打はありませんが、こんな状況での過去にバイトを得る事ができたパターンは、軽めのジグ(撃投40g〜65g)や30g程度の小さめのジグミノーなどによる表層から水深5mくらいまでのロッドを前方に倒しながらのカーブフォールが自分の中では一番有効でした。ベイトがイカなら撃投ジグのピンクグローにより、リールを1:4.9程度のローギアを使い、ラインスラッグを多目に取った緩いシャクリでのワンピッチが効果があるように感じました。鰯なら一番楽にバイトに持ち込めると思います。シャクリを入れなくてもただの棒引きでも抜群に効果がある場合もあるので時折試して下さい。


Q2
サワラ、サゴシ、をメイン狙う場合どんな道具を選び、どう攻めますか?意外とわかりませんので考えを聞かせてください。

A2
このての魚以外にも、カツオ、マグロなどの様に魚体そのものがキラキラしている魚は、ジグにしろミノーにしろルアーそのものもキラキラしているのが特に反応がいいと思います。使い込みの激しいボロボロになったジグより新品の様なキレイなモノの方が反応は断然いいと思います。私もサワラが大好き(食べる事)なので、可能性の高いエリアであればリヤにトレブルを装着します。でないとリーダーから「スパッ」っとやられるからです。特にジグのフォールにアタる事が多いので注意が必要です。釣れる傾向としてはサワラは特に朝夕マズメに分があります。


Q3
地磯釣行を少しでも楽に(体力負担なく)する工夫があれば教えてください。歩き方とか装備など…。

A3
私も9割以上が地磯での釣りです。私の地磯釣行事の荷物の中身ですが、ルアー・リーダー・ストリンガー・カメラ・ナイフ・ドンゴロス・水分・食料となってます。これは最小限の荷物なのでこれ以上は絞れませんが、この中で荷物の重量を軽くする選択肢はルアーと食料です。ルアーは必要最小限といきたいところですが、プラグ類はトップ・ミノー合わせて5個程度で、ジグは65g・85g・95g・105gを各2個を用意してます。あと食料は、おにぎり以外にスナック菓子を持って行きます。スナック菓子は軽くてお腹を満たしてくれるので必ず私は用意しています。そして荷物を入れるリュックはすぐに背負えすぐに降ろせるのワンショルダーのものがお気に入りで使ってます。しかし磯では専用の手頃なサイズのリュックがあまりないので消耗が激しいのが難点です。


スポンサーサイト


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

画像投稿はコチラ!
撃投!ショア磯ジギング ダイジェストムービーはこちら

Search

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2009年以前の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM