スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


カルティバテスター橋本健二さんのQ&A



Q.シラス、イカ、鰯、などベイトによる攻め方の違いについて


A.
『シラスパターンの場合』
これは難しいですよ。どうしてもという場合はジグの後ろに絡まない程度の長さのリーダーをとって、ジグから少し離れた場所までカブラが伸びている状態のものを使えばよく釣れますが…、これは…なんか反則みたいな気がして…正直言えばあまり出番はありません。答えになってないかもしれませんが…。

『イワシパターンの場合』
やる気のある魚を拾える可能性が高い状態です。最初にポッパー、ペンシルと表層系のルアーをローテーションして探ってまずは活性の高い個体を拾ってしまいます。ひとつのルアーやリトリーブで粘ることはしません。魚がいる前提で探りますから、反応がなければ「はい次!」です。トップで反応が薄ければ、次はリトリーブ系のジグで水面直下、そして少し下、さらに中層…と泳層とアクションを変えながらリトリーブで探ります。
最後に水平系センターバランス系のジグを使ってワンピッチで底をゆっくり探るパターンで狙っています。ゆっくりというのはみなさんが想像するゆっくりよりも多分かなりゆっくりです。

『烏賊パターンの場合』
底を徹底して意識します。駆け上がりや根周りなど、イカがついていると思われる場所を、これもやはりかなりウルトラスローなワンピッチで探る事が多いです。ネチネチと、スローに探ることです。
このときはジグセレクトはとても大切。カラーは僕のホームグランドではゴールド系にアタリが集中します。圧倒的に差が出ます。スローな操作で水平姿勢の維持が可能なジグという意味では、近いうちにカルティバから発売になる『レベル』はイカパターンには最高のジグです。カラーに僕の思うイカカラーを提案しており、採用されるかもしれません。どんなカラーかは秘密です(笑)

愛媛の佐多岬周辺の磯もいよいよ本格シーズン突入です。


スポンサーサイト


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

画像投稿はコチラ!
撃投!ショア磯ジギング ダイジェストムービーはこちら

Search

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2009年以前の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM