スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


カルティバテスター岸信直彦さんのQ&A

カルティバテスター 岸信直彦さん


Q:山陰は昔からカゴ釣りが盛んです。大きな波止周辺では青物がオキアミに馴れてしまってルアーには反応が鈍いと聞きます。実際にはどうなのでしょうか?また、対応策はありますか?

A:特定のベイト(エサ)のみを偏食するケース…。そのベイトの種類によっては、非常に厳しい展開を強いられる場合があります。特に厄介なのが、“楽に捕食できるベイト”を偏食する場合です。
山陰エリアで思い浮かぶ“厄介なベイト”といえば、「シラスイワシ」「小イカ」と、釣り人が撒き餌や刺し餌に使う「沖アミボイル」の3つ。中でも「沖アミボイル」は“厄介なベイト”の代表格で、青物が「沖アミボイル」を偏食し始めると、普通にアクションさせただけのルアーへはあまり反応しなくなり、「魚が居るのに口を使ってくれない…」「横のカゴ釣り師さんは釣っているのに何で?」と、イライラしてしまうことも少なくありません。
ただ、上記ベイトを偏食している場合でも、少なからずルアーへ反応する個体が居ることも事実です。ルアーとの間に一定の距離を保ちながら、なんとなくやる気無さそうにチェイスしてくる青物を見たことありませんか? この様な場合は、多少なりともヒットに持ち込める可能性があるんですよ!
キモは、その“偏食されているベイト”を意識し過ぎないことと、魚にルアーをじっくり見られないよう、アクティブかつスピーディーなアクションを心がけること。
ただし、同じことをやみくもに繰り返しても、単に魚がスレてしまうだけで、その内まったく反応しなくなってしまいます。そこで、こまめなジグ&カラーローテを心がけ、ジグのアクション・スピードも試行錯誤を重ねることが大切になってきます。
自分が持っている引き出しを出し切って、それでも目の前の魚が口を使ってくれなかったら…?
「これはルアーでは釣れない魚!」と割切って、次のチャンスを待つしかないかも知れませんね(汗)。


カルティバテスター岸信直彦さんのQ&A



Q:今まではエギやメバルなどのライトゲームを楽しんでいました。波止からショアジギングをはじめたくて、まずははワカナを釣ってみたいのですが、竿とリールはどんなものを購入したらいいですか?他に必要なものも、あわせて教えてください。

A:〜40センチ程度のワカナクラスであれば、PE0.8〜1号でバランスをとったエギングタックルでも十分に対応可能です。秋口から多くなるツバスクラスであれば、メバルタックルの流用もOK。30センチに満たないような小型のツバスでも、意外とスリリングやり取りが楽しめるんでとても面白いです。
「青物だから…」といって特に難しく考える必要はなく、使用するルアー(メタルジグ)をストレスなくキャスト&ジャークするものであれば、バスタックルでもシーバスタックルでもかまいません。
参考までに私の小型青物用のタックルを…。
ロッド:7フィート6インチLクラスのシーバスロッド
リール:’07ステラC3000
ライン:ファイヤーラインEXT1号
リーダー:ザイト磯フロロ5号
あ…!
小型青物用のマストアイテムとして、撃投ジグ25gと撃投エアロ30g…。そして、カブトフックM〜Lサイズは押えておけばバッチリですよ!


カルティバ、オフショアテスター 大谷内啓祐氏に聞く!ダイビングペンシル基本操作遍

カルティバ、オフショアテスター 大谷内啓祐さん



【Q7】 ヒラマサやブリを想定した場合、どの海域にも必ず持参するルアーを3つあげてください。またそれらに使用する
ハリと、ハリ変更する場合の意図について教えてください。


【A7】必ず持参するルアーは、γ各サイズ・BF各サイズ・ライブベイトβの3種類です。
ハリは、ST-66・ST-56の各サイズです。

ハリを変更する場合の意図は、
1.どうしてもルアーを動かせない場合
2.潮波などでルアーが暴れすぎる場合
3.ルアーの動きを制御したり軽快にしたい場合
の3つになります。

,蓮▲織奪ルに対して小さいルアーを使用しない状況(根が荒い場所でベイトが小さい時など)の時にハリを1サイズ大きくします。
△蓮海況や風の影響を受け、ルアーが水面を滑ったりルアーが暴れてフロントフックにリーダーが絡まる場合です。
は、ルアーのロールするアクションを抑えたい場合は、前後とも1サイズ大きくします。また、もっとアクションを軽快にしたり浮力を上げたい場合は、ST66からST56の同サイズに変更します。
こんな感じで変更したりします。
同じルアーでも、ハリを変更するだけでアクションが簡単に出来るようになったり動きが変化したりと色々と勉強になります。
あくまでも、適合フックは推奨なので使用されるときは色々と試していただけたらと思います。


カルティバ、オフショアテスター 大谷内啓祐氏に聞く!ダイビングペンシル基本操作遍

カルティバ、オフショアテスター 大谷内啓祐さん



【Q6】  追尾はあるのに、なかなかバイトまで持ち込めない場合、どんなことを試しますか?

【A6】 追尾があったのにバイトまで持ち込めないことも多々ありますね。
その場合は、まずルアーのアクションさせるストロークやスピードの変化を試してみます。誘いと喰わせの間合いをハッキリさせて見たり、ロッドでアクションさせた後にリールでアクションさせたりしています。
今のところは、追尾があったときやミスバイトの後は、短いストロークのアクションで喰わせる事が多いと思います。
それでもバイトに持ち込めないときは、ルアーの変更をします。変更と言っても、基準サイズより大きくする場合が多いですね。
大きくして飛距離を稼ぎ少しでも船より離れたところでバイトさせます。少しでもプレッシャーを避けるためでやはり飛距離が重要だと感じます。
後は、明らかに水面まで出てこない場合はγからブルーフィッシュに変更して水面直下でバイトに持ち込む場合もあります。
特に、ベイトがイカの場合は水面まで出にくいのでγよりBFの方が有効だと感じます。

これでも、駄目な場合はフックサイズの変更やST-66からST-56に変更したり・・・
フロントフックを1サイズ上げるだけでもアクションが変化しますので色々と試しています。
これだけ試しても駄目な場合は、ポイント変更ですね。。。


カルティバ、オフショアテスター 大谷内啓祐氏に聞く!ダイビングペンシル基本操作遍

カルティバ、オフショアテスター 大谷内啓祐さん



【Q5】キャストし、着水した直後のまず最初の操作はどうしますか?またラインスラッグはどう処理していますか?
波や風、うねりなどによるラフウォーターで気をつけることは?また、逆にベタなぎでは?


【A5】着水したら素早くスラッグを回収します。スラッグは、ルアーをアクションさせるのに邪魔になりますので潮の流れの速い時も早く回収できるようにリールもハイギヤを使用します。
波が高いときは、いつも以上にアクションを丁寧にします。特に、水面を滑ってばかりではダイビングペンシルを使用する意味がなくなりますから・・・
それでも、どーしてもルアーを動かしきれないときは、フロントフックを1サイズ大きくして重くするかST-66指定のルアーならリアフックを同サイズのST-56に変更しています。バランスが悪くなってアクションが多少ダルくなっても水面を滑っている状態よりいいと感じます。
あくまでも、指定サイズは推奨ですので色々と変えてみるのも面白いと思います。
ベタ凪の時は、ダイビングさせたときに綺麗なS時の泡が出るようにアクションをハッキリとつけています。
メリハリを付けてアクションさせています。ただ、口で説明するのは難しいですがベタ凪のときは、止める時間をあまり長く取らないようにしています。
今までの経験から、ヒラマサは長い時間止めているとルアーを見切られることが多いです。
イメージでは、ダイブさせて頭が水面に浮いたと同時にダイブを繰り返すような感じですね。


カルティバ、オフショアテスター 大谷内啓祐氏に聞く!ダイビングペンシル基本操作遍

カルティバ、オフショアテスター 大谷内啓祐さん



【Q4】キャスティングする際に、飛距離を延ばすためには、どういったことを意識すればいいでしょうか?

【A4】出来る限り、キャスティング時にタラしを長く取ることですね。最初は、練習が必要かもしれませんが自分自身が振り切れる竿で、タラしを長く取れるようになれば力を入れなくても飛距離は伸びると思います。
私の場合は、ルアーがバットガイド付近に来るように調整しています。
スイングスピードを速くするより、トルクフルな投げ方にするほうがいいと思います。
慣れるまでは、竿は7.5ftクラスで、柔らかい目がいいですね。キャスティング時に、ルアーの重みが十分に乗せることが重要だと思います。十分な重みを乗せることが出来れば無理に力を入れなくても飛距離は伸びます。
後は、ルアーが回転しないでリアから綺麗に飛んでいくようなイメージですね。


担当者より

Q&Aに質問いただいた飯島さんへ。
中山さん(右投げ右巻き)と馬場さん(右投げ左巻き)に聞いてみました。

まず馬場さん。
『打ち返しの回数が多くて、しかもショートレンジのキャストが多いトラウトの釣りでは、竿をもちかえるタイムラグのない左巻きが圧倒的に有利で、その癖でジギングも左巻きなんですよ。』とのこと。
次にヒラマサ職人中山師匠。
『なぜ右か…といわれても……ぐふふ』といつものようになぜか不思議な照れ笑いを浮かべる話しベタな(?)中山師匠。回答になってませんでしたわ。(笑)


レポートでヒラメの写真を送ってくれたシャゲさん。
ハードな夏の地磯レポートありがとう!!
苦心の末に最後に釣れたというような貴重な経験を積み重ねてくると、投げることをやめなくなりますよね。休憩しなくなる。そうしてショアジガーはみんな『キープキャスティングマシーン』になっていってしまうみたいです(笑)。
一度キープキャスティングマシーンに慣ったらあとは楽なもの。ランナーズハイみたいなもんで、『投げる』→『釣れる』→『また投げる』→『また釣れた』→『ジグ筋もついてきて、休まなくていい体になってくる』→『またまた投げる』と、釣果もついてきてしまう。
次に待っているのはショアジガー病(依存症)です。
『投げ続けてるといつか釣れる』と信じ込めてしまう。しかも、 オカから釣らないと満足感を得られなくなる厄介な病ですよ(笑)(笑)。シャゲさんももはや抜けだせないかと…。またレポートをお待ちしております。

さてさて、そろそろ秋の気配。愛媛の超人橋本さんも今朝のホットなレポートをくれました。   青物がショアレンジにつき始める秋。

私も、そわそわしてきました。


カルティバテスター橋本健二さんのQ&A

カルティバテスター橋本健二さん



Q1:秋の青物攻略パターン「佐田岬編」

A1:青物が活気付く秋。ショアジギングで、釣る事を優先させた場合、メタルジグの40g〜70gを飛距離や活性に応じて使うのが、もっとも無難で確実な戦略。その場合、釣れるサイズは40〜65cmの小型が主体となり、75cmクラスがポロポロ混じるような釣れ方になる。
 朝マズメの短い時合いに、ひとまわりサイズアップを狙うなら、80g前後のポッパーやダイビングペンシルなどのトップウォーターを使うといい。ボリュームのあるプラグを使うことで、群れの中からコンディションのいい個体を狙って拾うことができる。
 ジグでサイズアップを狙う場合は、80g〜150gで攻めるといい。50cmクラスのバイトを避けることができ、80cmオーバーを狙っていける。ただし、大型に狙いを絞り、ワンチャンスをものにしようとすれば、当然、釣果(数)は落ちることになる。
 使うジグは、カルティバなら撃投ジグ。ジャークの強弱に対し、スライド幅が機敏に変化するため、どんな場面でも対応できるオールマイティさが使い勝手がよい。ウエイトは数釣りなら、40g、65g。大型狙いなら85g、105g、125g。私の場合、75cm以上の大型が混じることを想定して、40gでもフックは大き目の  を使う。80〜150gなら、7/0以上がいい。  飛距離が欲しいときや、強風でただ巻きメインに探らなければならない状況では、撃投エアロを使う。裏技として、撃投ジグエアロの逆付けを使うこともある。ダートの滞空時間が飛躍的に長くなるため、ジグが横を向くことでバイトチャンスが確実に増えるからだ。スローに誘える利点は大きい。
 私の場合、あまり赤系のジグは出番が少ないのだが、秋に限っては、紫外線量が増えるため、赤やピンクの出番が多くなる。
 また、秋はヒラマサの10kgオーバーを狙って獲れる時期ではあるが、それは、また別の機会にご紹介したいと思う。


カルティバテスター馬場誠さんのQ&A

カルティバテスター馬場誠さん


Q5:ギャフを独りでかけることはありますか?その場合注意点はありますか?

A5:そばに仲間がいれば頼みますが、単独なら自分で掛けます。
1人の時はあらかじめ想定したランディングポジションにギャフを置いておき、魚を水面に浮かせておとなしくなってから落ち着いて掛けることです。
間違ってもまだ水面でバシャバシャしてる時に掛けようとしてはダメです。バレる危険性が高い。
ですから、単独ギャフ掛けを想定したときは水面でタメの利くフックを選択することも大切です。SJシリーズの中でも、早掛けや41などと比較するとホールド力に優れたSJ-38を選択することが多いです。
ギャフを掛ける場所の理想はエラの後ろ付近ですが、掛かるならあまり場所は気にしません。意外とギャフはハズれませんから。むしろ、触ればすぐ刺さるようにギャフの先は常に研いどく事が大切です。1人のギャフ打ちは慣れても難しいのでズリ上げ場所があるならズリ上げます。


カルティバテスター馬場誠さんのQ&A

カルティバテスター馬場誠さん



Q4:磯で疲れないようにする方法をあるだけ教えてください。ジャークが続かずへこたれそうになります(笑)

A4:難しいですね(笑)。釣れてる時は良いですが、釣れない時間が続くとしんどくなってきますね。そんな時は、まずジグを軽くします。とりあえずジグは底がとれるギリギリまでウェイトダウンして、ジャーク時の引き抵抗の軽い撃投に変えます。
また、撃投DVDで紹介されてた通称“おっさんジャーク”を織り交ぜ好機がくるまで体力キープも有効かと。
おっさんジャーク開発者(?)の吉成さん(失礼!)を見てると、あのジャークもかなり有効だと思います。
それから釣行前は睡眠・食事は十分とって体調管理も重要です(なかなか寝る暇ないですけど、できるだけ…)。
後は釣行回数を増やすとジグ筋(ジグを操作するのに使う筋繊維群)が鍛えられますので、暇があればシャクリに行くのがいいです。


<< | 2/4 | >>

画像投稿はコチラ!
撃投!ショア磯ジギング ダイジェストムービーはこちら

Search

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Selected entries

Categories

Archives

Recent comment

Links

sponsored links

mobile

携帯サイトはコチラ!
2009年以前の記事はコチラ!
オーナーばり
無料ブログ作成サービス JUGEM